「ほっ」と。キャンペーン

アフリカの新たな石油事情

Financial Times紙8/9/2013は、アフリカの新たな石油事情について報じている。伝統的な、アンゴラ、ナイジェリア以外に禁煙ンはガーナ、赤道ギアナ、スーダン、コンゴ共和国などが急速に生産高を増やしている。アフリカ自体の原油埋蔵量は世界の12%を占めている。コンゴのDjenoの生産高は1日当たり16万バレルの安定した生産になっている。  

2011年と2012年の生産高を比較すると、アンゴラは1日当たり160万から170万バレルに、リビアは49万から150万バレルに、コンゴは29.5万から29.7万バレルに、赤道ギニアは23.9万から25.6万バレルに拡大している。

しかし、ナイジェリアは197.4万から195.4万バレルに縮小している。米国のシェール石油のブームでナイジェリア石油はこれまで通りにはいかない。ナイジェリアはインドやアジアの有力な買い手を見つける必要性がある。

(by ナイジェリア株ドットコム)

下のボタンを押していただきたく存じます。


株式 ブログランキングへ
[PR]

by nigeria-kabu | 2013-08-10 10:04  

<< ナイジェリア全株指数は年初来で... IFC、2014年までにナイジ... >>