ナイジェリア、離陸とつまずき

Financial Times 紙10/11/2013は、ナイジェリアの経済状況は良い方向に向かっているが、懸念材料もあると報じている。ナイジェリアはアフリカ最大の人口1.73億人をかかえ、6%の高い成長が続いている。GDPで南アフリカを抜いてアフリカ最大になるのも時間の問題とされている。インフレは一桁台に低下し、政府債務も適度な額である。

Jonathan大統領の改革の効果も出ている。電力部門のGDPに占める割合は今後も増える見込みである。政府支出、金融も透明性が高くなっている。10億ドルのソブリンンファンドは今年から闘志が始まった。

ナイジェリア現地のビジネスマンも国の可能性に確信を持ち始めた。Aliko Dangoteはアフリカ一の富裕層であるが、90億ドルの石油精製、化学工場を建設することを決定している。

しかし、企業幹部が言うには、政府が言うナイジェリアの見通しはバラ色過ぎるという。腐敗が蔓延し、運輸インフラは非常にひどい状態である。

(by ナイジェリア株ドットコム)

下のボタンを押していただきたく存じます。


株式 ブログランキングへ
[PR]

by nigeria-kabu | 2013-10-12 16:28  

<< アフリカの経済データの不備 日産ルノーがナイジェリアで自動... >>