「ほっ」と。キャンペーン

大きな目標を掲げるアフリカの証券市場

Financial Times 紙10/31/2013は、アフリカの各証券取引所が市場拡大で大きな目標を掲げていると報じている。ナイジェリア、南アフリカ、ケニア、アンゴラが金融市場の深みを増すための積極的な改善を行っている。

ナイジェリア証券取引所は向こう5年間で500社の新規上場を目指すという大胆な目標を発表した。ヨハネスブルグ取引所はより速い取引が可能なシステムを発表した。ケニアも大規模のプロジェクトを発表し、アンゴラは金融市場を監督する新法を導入する。

ナイジェリアは2016年までに市場時価総額を1兆ドルに引上げる目標も設定している。数週間前からはNasdaq X Streamのより速い取引システムを導入している。値幅制限も5%から10%に拡大した。

南アフリカのヨハネスブルグ取引所は従来のフロアー取引方式から、電子取引に移行した。取引高は増え、今年6月までの6カ月間の取引所の収益は16%増加した。
ケニアのナイロビ取引所では、アフリカの証券取引所で最も刷新的な取引所として賞をとっている。8月には上海取引所と覚書を結び、中国との投資家の関係を密にすることになっている。

(by ナイジェリア株ドットコム)

下のボタンを押していただきたく存じます。


株式 ブログランキングへ
[PR]

by nigeria-kabu | 2013-11-15 15:49  

<< ビール市場、ナイジェリアで勢いが アフリカの経済データの不備 >>