「ほっ」と。キャンペーン

BRICsの次のMINT


Financial Times 紙11/14/2013は、BRICsの生みの親であるJim O’Neill氏が、次に有望なMINTについて語ったと報じている。同氏によれば2003年に発表した有望なBRICsに次いで、メキシコ、インドネシア、ナイジェリア、トルコのMINTについて注目する時

期に来ているとしている。これらの国々は少なくとも向こう20年間は人口増加の面で好ましいし、先行きの経済成長の見通しも明るいという。
 新興国のグルーピングでは、これ以外に、CIVETS(コロンビア、インドネシア、ベトナム、エジプト、トルコ、南アフリカ)やMIST(メキシコ、インドネシア、韓国、トルコ)、NEX11(バングラデシュ、エジプト、インドネシア、韓国、メキシコ、ナイジェリア、パキスタン、フィリピン、ベトナム、トルコ)がある。
実際の投資家の投資状況であるが今年になってBRICsファンドからの資金流出が目立っている。

最近のファンドへの純資産額は以下の通りである。11月13日現在でEPFRからのデータである。

世界新興市場 5,698億ドル
日本を除くアジア 3,725億ドル
BRICs 1,417億ドル
南米  556億ドル
欧州、中東、アフリカ  570億ドル
MIST  357億ドル
MINT  171億ドル
CIVETS  159億ドル
フロンティア  142億ドル



(by ナイジェリア株ドットコム)

下のボタンを押していただきたく存じます。


株式 ブログランキングへ
[PR]

by nigeria-kabu | 2013-11-15 15:53  

<< フロンティア市場、新興国を上回る成績 ビール市場、ナイジェリアで勢いが >>