「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:投資ファンド( 5 )

 

ナイジェリアソブリンファンド、初めての投資

Financial Times紙9/16/2013は、ナイジェリアの国家ソブリンファンドが初めての投資で2億ドルをUBS、Creditt Suisse、Goldman Sachsに委託したと報じている。ナイジェリアソブリン投資局(NSIA)によれば、5,000ドルをUBSで米国国債に、1.5億ドルをCredit Suisse、Goldman Sachsで社債投資に振り向けた。同ファンドは昨年設立され、規模は10億ドルである。

当初の投資開始予定から遅れての出発であるが、世界の市場の変動が激しかったのがその理由である。しかし、債券市場は現在合理的価格であるという。

ナイジェリアのソブリンファンドは、サハラ以南のアフリカ諸国の中では第三番目の規模で、ボツワナの69億ドル、アンゴラの50億ドルに次ぐ。サウジアラビアやノルウェーの6,000億ドル規模と比較すると非常に小さい。

(by ナイジェリア株ドットコム)

下のボタンを押していただきたく存じます。


株式 ブログランキングへ
[PR]

by nigeria-kabu | 2013-09-17 10:02 | 投資ファンド  

IFC、2014年までにナイジェリアに20億ドル投資

BusinessDayは、世界銀行傘下の国際金融公社(IFC)が来年にかけて25%増の20億ドルを投資する計画であると報じている。同公社によれば、ナイジェリアのソブリン投資局と共同で銀行、発電、ガス、運輸、農業分野に投資する。特に発電分野は、民間分野の成長で最も重要であるため、IFCにとって最も重要である。

ナイジェリアは人口増加、経済拡大を維持するために毎年100億ドルのインフラ投資が必要とされている。ナイジェリアの今年の経済成長は6.5%と見込まれている。失業を解消するためには13%の成長が必要とされている。

ナイジェリアの通貨ナイラは今年は2.2%安であるが、株式は37%の上昇である。

(by ナイジェリア株ドットコム)

下のボタンを押していただきたく存じます。


株式 ブログランキングへ
[PR]

by nigeria-kabu | 2013-08-08 23:27 | 投資ファンド  

投資家、アフリカに参入し始める

Financial Times 紙2/7/2013は、リスクの取れる投資家はリターンを求めてアフリカに向かっていると報じている。フロンティア市場の成績は過去数年は先進国、新興国を下回っていたが、今年は、MSCIフロンティア指数は8%の上昇で先進国、新興国を上回っている。ベトナム、ドバイ、アルゼンチン、カザフスタンは好調なスタートを切っているが、ファンドマネージャーは真のフロンティアはアフリカ市場であると主張する。
e0219992_1091236.jpg

e0219992_1092794.jpg

アフリカでもサハラ以南の証券市場は恩恵を受けている。ナミビアやザンビアのような小国は弱いが、ナイジェリア市場はここ1年で63%の伸び、ケニアのナイロビ市場は46%の伸び、ガーナは17%の伸びである。

金融危機以前は、多くのフロンティア好きの投資家はベトナムや中東を好んでいた。しかし、今はアフリカである。しかし、市場の時価総額はそれほど大きくなく、南アフリカを除いて、アフリカ17市場の主要250社で見れば時価総額は2,500億ドルとフィリピン市場と同程度の大きさである。
e0219992_1095553.jpg

国際水準からすれば売買高は小さい。南アフリカを除くサハラ以南のアフリカで最大のナイジェリア市場でも1日の平均売買額は4,000万ドルである。それゆえ、大規模な投資は難しい。それでも、ファンドマネージャーの中にはこの地域を好むものも多い。先進国が停滞し、新興国も成長が鈍化している中で、アフリカの魅力があるという。PERで見れば、予想PERと同程度か低い。配当もアフリカは平均6%で新興国の3%よりも高い。米国や欧州との相関性が低いことも良い。

(by ナイジェリア株ドットコム)

下のボタンを押していただきたく存じます。


株式 ブログランキングへ
[PR]

by nigeria-kabu | 2013-02-10 10:10 | 投資ファンド  

昨年のアフリカ、新興国を上回る成績

Financial Times によれば、昨年のアフリカの株式、債券のパフォーマンスは、金融危機以降で初めて新興国を上回ったとしている。
e0219992_17112917.jpg

e0219992_17113219.jpg



(by ナイジェリア株ドットコム)

下のボタンを押していただきたく存じます。


株式 ブログランキングへ
[PR]

by nigeria-kabu | 2013-01-25 17:12 | 投資ファンド  

アフリカファンドのトップマネージャーの話

Financial Times 紙12/23/2010 は、アフリカファンドのトップファンドマネージャーのHorne氏のコメントを掲載している。同氏はInvestec Africaのファンドマネージャーであるが、最近のコートジボアールの不安定さで改めてアフリカ投資には政治リスクがあると認識している。最近のアフリカの経済成長は民主主義の普及のためである。Horne氏はどこを見ればよいか分かっている人にとっては、アフリカは儲かる機会があるという。

同氏のファンドは7億3,000万ドル(約600億円)の残高で、ガーナに始まりモーリシャスに至る10カ国に投資しているが、全体の60%はナイジェリアとエジプトに集中している。同氏が言うに、「この2つの市場は、非常に優良な企業が良い価格をつけているという最善の状況である。ナイジェリアは成長見込みがあって割安である。エジプトは安くはないが明らかに過小評価されている。また、エジプトは洗練された市場で企業家精神の歴史もある」。

今年のファンドは30%のリターンで、来年も2桁の成績を出す見込みであるという。しかし、現在はまだ2008年の傷から回復している状態である。2008年にはドル建てで49.5%の下落を見たのである。その理由は、ファンドの40%が金融分野に投資をしており、クレジットクランチで、特にナイジェリアはその痛手が深刻であり、損失を受けた。一方で商品分野の企業の成績は悪くない。良い例がコートジボアールの椰子油の製造企業である。コートジボアールは同ファンドで3番目に割合が多い国である。

しかし、フロンティア市場への投資は冒険でもある。アフリカファンドの場合、公式に上場している株式のみに投資しているが、市場の流動性は国際的水準に比較してかなり低く、ファンドマネージャーは長期投資を採用せざるをえない。それゆえ、短期の投資家には向かない。

同社のファンドは最低投資金額を100万ドル(約8,400万円)とし、殆どが年金基金のような機関投資家である。投資家の半分が南アフリカで、残りは英国、欧州である。しかし、妙なことに米国人は少ない。(by ナイジェリア株ドットコム)

下のボタンを押していただくと助かります。

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村
[PR]

by nigeria-kabu | 2011-01-26 09:06 | 投資ファンド