「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

ファンド資金はエマージング市場からフロンティア市場へ

South China Morning Post 紙の記事で、エマージングよりフロンティアという記事がありました。記事の中では、ナイジェリアの事も書かれていましたので、以下、載せてみます。

South China Morning Post 紙2/20/2011によれば、フロンティア市場の相関性が低いために、中東の混乱から逃れるためにフロンティア市場に投資が向かっていると報じている。これらの国々の債券は、伝染しがちであるが株式投資の場合は、フロンティア市場での分散は報いる結果となっている。中東や北アフリカでの反政府勢力の行動が広がって、投資家は概してエマージング市場から資金を引上げているが、フロンティア株式ファンドへは特に資金を入れ続けている。

ファンド調査会社のEPFRのデータによれば、フロンティア市場株式ファンドは、36週間連続で資金流入となっており、一方でエマージング株式ファンドは今月1週間だけで70億ドル(約5,900億円)の減少である。MSCIエマージング株式指数は、今年4%下落し、世界株の4%プラスを下回った。しかし、ベトナムやルーマニア、危機に見舞われているレバノン、バーレーン、チュニジアを含むMSCIフロンティア指数は、2%の下落であった。

フロンティア市場の運用会社のRenaissance Asset Managersによれば、エマージングと先進国の市場の相関関係は高くなっており、フロンティア市場はそれが低いために投資家達は分散しようとするという。過去26週間の先進国株式と、エマージング株式との相関係数は、0.8でフロンティア市場とは0.49であった。

また、フロンティア市場は先進国との相関が低いことに加えて、フロンティア各々の市場間でも相関は低い。例えば、MSCIナイジェリア指数と同ベトナム指数は相関係数は0.19である。ナイジェリアとケニアは、僅か0.03である。これが意味することは、混ぜられたフロンティア株式ポートフォリオの中での変動は分散されるということである。

Credit Suisseのデータによれば、フロンティア株式を純資産で見るとエマージング株式よりも20%割安であるという。(by ナイジェリア株ドットコム)



下のボタンを押していただきたく存じます。

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村
[PR]

by nigeria-kabu | 2011-02-20 23:29  

BlackRockは正しかった。

チュニジアの暴動が伝染し、エジプト国民が大規模抗議行動に出ていますが、昨年11月のファイナンシャルタイムスの記事が今になって面白いので取り上げてみます。この記事ではブラックロックが新たなフロンティアマーケットファンドを立ち上げるというものでした。そして、投資対象国としては、「政治的リスクの高いチュニジアの企業への投資は少なめにする」と書かれており、ブラックロックは正しかったということです。

ちなみに、ナイジェリアは「金融、消費関連株に重きを置く予定」とのことです。

Financial Times 紙 11/28/2010 は、投資ファンドを新たに設定するブラックロックが、フロンティアマーケットの価値がこの2年でかなり下落しており、魅力的になっているとの見解を示していると報じている。同社の新興国統括のVecht氏によれば、「フロンティアマーケットは、未だにその潜在的価値まで到達しておらず、正に今投資する時である。それらの国々は先進国や新興国に比較して債務が少なく、急速に経済が成長している国々である。また、先進国や新興国との相関性も低い」。

ブラックロックが設定予定のフロンティア投資ファンドは、機関投資家から8,000万~1億ポンド(約130億円)を募集し年率3%の収益目標としている。当該ファンドは、カタールの金融株やナイジェリアの金融、消費関連株に重きを置く予定である。しかし、政治的リスクの高いパキスタンやベトナム、チュニジアの企業への投資は少なめにするとのことである。(by ナイジェリア株ドットコム)



下のボタンを押していただきたく存じます。

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村
[PR]

by nigeria-kabu | 2011-02-02 07:05