「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

ナイジェリアの銀行、買い時か?

Financial Times 紙5/13/2011 は、ナイジェリアの銀行セクターに関して、ここ数年のバブルの崩壊から回復しており、そろそろ株式の買いの時かもしれないと報じている。2年半前には、銀行セクターは崩壊の瀬戸際にあり、ナイジェリアの銀行の株式を買うには勇気がいることであった。ナイジェリアの金融機関は莫大な損失を被り、中央銀行は40億ドル(約3,200億円)の救済を行った。

しかし、回復の兆しは出ている。ロシアの投資銀行のRenaissance Capitalは今週、同国の銀行セクターを再び調査し始め、買い推奨を出している。同社のレポートによれば、6行は買いで残り3行はホールドとし、2008~2009年の銀行セクター崩壊からの回復を述べている。まず、ナイジェリアの銀行は資本も充実してきており、自己資本率は17~44%、総資産資本率は11~28%である。次に、預金の充実で多くの預金は低金利の預金である。さらに、流動性が高く流動率は45%である。預貸率は83%である。透明性や、統治の問題があるが、ナイジェリアの銀行のこのような、資本、資金調達、流動性で、融資の成長サイクルでは急成長が見込まれる。

さらに今年のナイジェリアのGDP成長率は7~8%と見込まれ、石油価格も100ドル程度である。Renaissanceが予想するに優良企業の融資の需要は拡大し続けるとしている。今年の融資の伸びは15%と予想している。ROEは二けた、ROAは2%程度と予想している。不良債権は一掃され、今後の銀行セクターの可能性が注目される。全人口の1億5,600万人の内、銀行口座保有者は500万人に過ぎないことや、中間層の増加、非石油部門の期待もあって、ナイジェリアの銀行には莫大な可能性がある。(by ナイジェリア株ドットコム)



下のボタンを押していただきたく存じます。

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村
[PR]

by nigeria-kabu | 2011-05-15 13:38