「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

シャンパンの消費の伸びが今後大きい国は?

Financial Times 紙3/25/2013 は、今後シャンパンンの消費の伸びが著しい国はフランス、ナイジェリアであると報じている。高級ワインの消費拡大が期待できる国は中国、フランスである。一方でシャンパンの消費が伸びる国は?第一位はフランスであるが次はナイジェリアである。

Euromonitorの調査によれば、2011~2016年にかけてシャンパンのナイジェリアの消費の伸びは849,000リットルにもなるという。フランスの200万リットルには及ばないが、英国、中国、アルゼンチン、ブラジルよりも上位に位置している。
e0219992_1931715.jpg

その理由はナイジェリアの石油産業にある。その業種は国民に新たな富を生む。また、Nollywoodと呼ばれるナイジェリアの映画産業やナイジェリアヒップホップ、ファッションも需要を拡大させる要因である。ナイジェリアの中間層の拡大で国民のぜいたく品の消費が増えると見られる。伝統的に華やかな前述の映画、音楽、ファッション産業による消費の拡大は重要である。

ナイジェリア自体のシャンパンの年間消費量は600,000~700,000リットルで世界17位でアイルランドとデンマークの間に位置する。ブラジルの100万リットル、中国の900,000リットルより下で、ロシア600,000リットルの上である。

(by ナイジェリア株ドットコム)

下のボタンを押していただきたく存じます。


株式 ブログランキングへ
[PR]

by nigeria-kabu | 2013-03-30 19:04  

Zenith Bank、ロンドン上場

Financial Times 紙3/21/2013 は、ナイジェリアの大手二位のZenith Bankがロンドン市場にGDRとして上場したと報じている。今回の上場は資金調達ではなく、株式取引の流動性の工場のためと言われている。

GDRで上場したナイジェリアの銀行としてはGuaranty Bank、Diamond Bankに次いで3番目であるが、これらの銀行の上場から学び、幅広い投資家からの投資を募り、コーポレートガバナンスの強化にもつながる。同社の株価は昨年60%上昇している。

同社はロンドンに上場したものの、業務はナイジェリアに集中する意向である。95%の業務はナイジェリアと言うことである。
e0219992_2252352.jpg

(by ナイジェリア株ドットコム)

下のボタンを押していただきたく存じます。


株式 ブログランキングへ
[PR]

by nigeria-kabu | 2013-03-29 22:51  

ナイジェリアの銀行は2013年はバラ色か?

Financial Times 紙3/18/2013 は、ここ数年はナイジェリアの銀行は2009年の危機から回復し2013年は銀行にとって非常に良い年になりそうであると報じている。S&Pのナイジェリア銀行セクター2013年によれば、ナイジェリア経済の成長サイクルや政治的安定が銀行の拡大を支えるとしている。同レポートではナイジェリアの長期経済安定成長を見込み、原油価格下落のリスクを緩和させるとする。

S&Pは概して2013年のナイジェリアの銀行の収益は拡大すると考える。各銀行についてS&Pは3グループに分け、その内の上位2グループの市場占有率で以下のように評価している。
e0219992_18212986.jpg

S&Pは大規模銀行のみならず、小規模銀行もニッチ分野で成長するとしている。予想では融資の伸びは2013年は20~30%になるという。

First City Monument Bankによれば、これまでの銀行の問題は原油トレーダーの投機に対する融資が多かったという。しかし、現在は実体経済に融資しているという。しかし、GDPに対する融資の割合はまだまだ非常に低い。

S&Pは短期的には非石油分野への融資の伸びが強いと見ており、法人、個人分野共にまだまだ融資比率は低い。電力、農業、インフラ分野のように改革分野の成長は著しく、融資の伸びを支える。2013年からは初めて個人融資分野の伸びが期待できる。中間層の拡大でクレジットカードや給料を支払い原資とした融資の拡大も期待できる。

しかし、2014、2015年には不良債権の拡大リスクも考慮すべきであるとしている。

(by ナイジェリア株ドットコム)

下のボタンを押していただきたく存じます。


株式 ブログランキングへ
[PR]

by nigeria-kabu | 2013-03-29 18:19  

アフリカ企業、国境を越えた成長を取りに

Financial Times 紙3/13/2013 は、アフリカ企業が大陸内の国々で国境を越えた事業戦略を取っていると報じている。アフリカ企業の国境を越えた展開は小さく分断されたアフリカ大陸市場で生き残っていく重要な戦略である。この傾向は南アフリカ企業で良く見られる。大手企業の半分以上の40社が近隣国で事業を展開している。東アフリカ、西アフリカで経済規模の大きいナイジェリアやケニアでは、大手企業はパンアフリカン政策を採っている。

例えばナイジェリアのUBA銀行はガボン、ウガンダを含むアフリカ19カ国で事業展開している。Ecobankは1980年代にトーゴで設立されたが、現在はアフリカ32カ国に進出している。ナイジェリアのDangoteセメントはアフリカ13カ国で展開している。広告企業のScangroupはナイジェリアとガーナに拠点を開いた。ナイジェリアは東アフリカ全部を合わせたものより大きい市場であるという。
e0219992_915520.jpg

(by ナイジェリア株ドットコム)

下のボタンを押していただきたく存じます。


株式 ブログランキングへ
[PR]

by nigeria-kabu | 2013-03-16 09:02  

アフリカ ナイジェリア ラゴスの風景 (2)

アフリカ ナイジェリア ラゴスの風景 (2)をYouTubeにアップしました。
どうぞご覧ください!

YouTube: 
http://www.youtube.com/watch?v=6WmDGM3F7uI



(by ナイジェリア株ドットコム)

下のボタンを押していただきたく存じます。


株式 ブログランキングへ
[PR]

by nigeria-kabu | 2013-03-14 21:41 | 現地取材レポート  

ナイジェリアREIT目論見書

ナイジェリア証券市場に上場予定のREITの目論見書を見ると色々とわかってきます。
e0219992_22434210.jpg

これによると運用資金の75%までが不動産購入に充てられ、25%が不動産関連に、10%が流動性資金となる予定です。また、組入れ予定の不動産は、以下のようです。

ラゴス、イコイの高級コンドミニアム
e0219992_22504563.jpg

ラゴス、ビクトリアアイランドのコンドミニアム
e0219992_2251051.jpg

ラゴス、ビクトリアアイランドの商業ビル
e0219992_22511519.jpg

アブジャの複合商業不動産
e0219992_22513269.jpg

アバの倉庫
e0219992_22514817.jpg


(by ナイジェリア株ドットコム)

下のボタンを押していただきたく存じます。


株式 ブログランキングへ
[PR]

by nigeria-kabu | 2013-03-12 22:55  

これがナイジェリアIPO申込書だ!!

ナイジェリアのREITのIPOの話を取り上げたが、このIPOの参加は現地に証券口座があれば日本からでも可能である。以下がIPO申込書であるが、これを郵送することで日本にいながらIPOに参加できる。
e0219992_16353967.jpg


(by ナイジェリア株ドットコム)

下のボタンを押していただきたく存じます。


株式 ブログランキングへ
[PR]

by nigeria-kabu | 2013-03-10 16:35  

ナイジェリア、REIT上場へ

Business Dayは、ナイジェリアの不動産投信(REIT)がナイジェリア証券取引所に上場すると報じている。UACN Property Development Company (UPDC)は、300億ナイラ(1億9,000万ドル)の資金をこのREITで調達する。IPOは3月28日に締め切られる。

REITはクローズドの投資信託であるが、一旦上場すれば証券取引所で売買できる。2004年の改定によれば年金基金もこのREITを買うことができる。

格付機関のGlobal Credit Rating Company (GCR)は、このREITに対してBBB(f)の格付をつけている。主幹事証券会社はStanbic IBTCである。UPDCはREITの40%の持分を持ち続け、残りの60%は公開株主となる

(by ナイジェリア株ドットコム)

下のボタンを押していただきたく存じます。


株式 ブログランキングへ
[PR]

by nigeria-kabu | 2013-03-09 22:35