「ほっ」と。キャンペーン

ナイジェリア国家ファンドの設立

Financial Times 紙10/1/2012は、ナイジェリアが国家ファンドを設定する予定であるが、これに対する賛否両論があると報じている。計画では石油収入などの運用で10億ドルの国家ファンドを作る予定である。ここ数年、政府内で資金を流用する事件もあり、このようなファンドの創設は歓迎する声もある。
しかし、地方政府からは反対が出ている。昨年ファンド設立の法案が可決されると、36の州から反対の意見が裁判所に上げられた。ナイジェリアの法律では、国家の収入の一部は州が受け取る権利がある。中央政府を信用していないこともある。

(by ナイジェリア株ドットコム)



下のボタンを押していただきたく存じます。


人気ブログランキングへ
[PR]

# by nigeria-kabu | 2012-10-09 09:11  

ナイジェリア、電力民営化入札

Financial Times紙9/25/2012は、ナイジェリア電力公社の民営化入札が始まっていると報じている。発電部門の入札は米国、ロシア、中国など13カ国から参加で最高額入札は3億ドルのTranscorp Nigeriaで、以下Oil of Nigeriaと上海市電力公司の1億3,200万ドル、中国、英国、ナイジェリアの共同グループ2億ドルであった。

(by ナイジェリア株ドットコム)



下のボタンを押していただきたく存じます。


人気ブログランキングへ
[PR]

# by nigeria-kabu | 2012-10-03 23:43  

ナイジェリアDangoteセメント、ミャンマー、イラクに投資

Financial Times紙9/20/2012は、ナイジェリアで最も富裕なDangoteグループはセメント事業で自国以外のミャンマー、イラクに来年にも工場を建設する予定であると報じている。その次には、インドネシア、ブラジル、チリが候補に挙がっているという。
同社はアフリカ外で年間セメント生産6,000万トン、アフリカで4,000万トンを向こう5年以内で目標にしている。同社はサハラ以南のアフリカ13カ国で営業しており、ナイジェリアの証券市場には昨年上場した。来年にはロンドンにも上場する予定はある。同社の時価総額は130億ドルである。
同社によれば、サハラ以南の国々の市場は限られているために、世界に打って出るとのことである。

(by ナイジェリア株ドットコム)



下のボタンを押していただきたく存じます。


人気ブログランキングへ
[PR]

# by nigeria-kabu | 2012-09-23 16:41  

ナイジェリア、石油ガス輸出に依存

Financial Times紙9/18/2012は、2011年のナイジェリアの石油ガス輸出は前年比21%増の901億ドルになったと報じている。しかし、石油ガス輸出の依存度は97%とかなり偏っている。輸出の分散が大きな課題となっている。その他の32億ドルの輸出は、ココア、豆、ゴム、綿花、エビなどの産物である。これらの4分の1はシンガポールのOlam社が日本や欧州宛てに輸出するココア、ゴマ輸出4億5,000万ドルである。この他革製品が10億ドルの輸出である。製造製品は、3億5,000万ドルの輸出である。非石油ガス部門の輸出は昨年20%の伸びで、製造品は倍になった。
公式の失業率は25%で、若年層が特に高い。

(by ナイジェリア株ドットコム)



下のボタンを押していただきたく存じます。


人気ブログランキングへ
[PR]

# by nigeria-kabu | 2012-09-23 16:40  

ナイジェリア、中国から6億ドル借入

Financial Times紙9/12/2012は、ナイジェリアは中国輸出入銀行から6億ドルの借入を行うことで合意したと報じている。資金は首都アブジャで鉄道建設に使用される。融資は2.5%の金利で20年間である。中国は過去数年でアフリカ諸国に対して低金利の融資を提供している。ナイジェリアは、石油、銅、ウランなどを輸出し、アフリカ一の人口を抱え、経済規模はアフリカで二位である。
市場レートを下回る中国の金利はよくあることで、資源国アフリカとの接点を持つための戦略である。アブジャの鉄道建設は、国有のChina Civil Engineering Construction Corporationが行い2015年に完成の予定である。アブジャの鉄道計画は、国際空港との接続と周辺の通勤圏を結ぶものである。
これ以外にもナイジェリアでは1億ドルのGalaxy Backbone計画があり、技術発展を向上させるプロジェクトである。また、5億ドルの費用の4つの飛行場ターミナル建設のプロジェクトがあり、こちらも中国が融資する予定である。

(by ナイジェリア株ドットコム)



下のボタンを押していただきたく存じます。


人気ブログランキングへ
[PR]

# by nigeria-kabu | 2012-09-23 16:39  

中国元、アフリカにも浸透

Financial Times紙8/22/2012は、中国元の国際化がアフリカにも及んでいると報じている。今月、ナイジェリアとタンザニアの中央銀行は外貨準備に中国元を採用することを決定した。同時に5億元の3年物債券を購入した。中国元の国際化は避けられないことで、アフリカ各国が中国元に関心を持つことは当然である。364億ドルの外貨準備を持つナイジェリアは重要な元の買手で、38億ドルの外貨準備のタンザニアも購入を続ける見込みである。
5年後にはアフリカの外貨準備高5,000億ドルのうち20%が中国元になるとの予想もある。ドルは価値を下げ、ユーロは崖っぷちにあり、中国元は最も適切な選択肢になっている。

(by ナイジェリア株ドットコム)



下のボタンを押していただきたく存じます。


人気ブログランキングへ
[PR]

# by nigeria-kabu | 2012-09-23 16:36  

ナイジェリアの銀行、不良債権処理の後の急速な拡大

Financial Times紙8/1/2012は、2009年の金融危機の後、ナイジェリアの銀行システムは処理が進んだが、融資の拡大が著しく、資産の質の劣化が懸念されていると報じている。2011年の融資の拡大は銀行によって30~66%であった
銀行によっては融資の金額上位20件が全体融資の30~50%を占め、1件の不良債権が銀行に多大な影響を及ぼす可能性があるという。2013年までこの融資の拡大は続くようであるが、融資の質の劣化は懸念材料である。


(by ナイジェリア株ドットコム)



下のボタンを押していただきたく存じます。


人気ブログランキングへ
[PR]

# by nigeria-kabu | 2012-08-06 23:56  

ドバイ、アフリカのハブでナイジェリアの避難先に

Financial Times紙7/17/2012は、ドバイは中東でのハブのみならず、中央アジア、東アフリカ、西アフリカのハブになりつつあると報じている。ドバイからそれぞれの地域には8時間の航空便で行ける。パリ、ロンドンがかつて西アフリカのハブであったが、今ではドバイが中心となってきている。
 Standard Charteredなどの銀行はサハラ以南のアフリカ地域の拠点をドバイに置いている。ドバイの生活スタイルは心地よく、ヨハネスブルグやナイロビよりも飛行機の移動のハブとしても便利である。中国やアジア企業も中東のみならずサハラ以南のアフリカ市場の事業展開の際に地域統括拠点をドバイに置いている。
最近では、ナイジェリア人の投資家がドバイの不動産市場に参入してきており、市況の回復の兆しもある。昨年ドバイの住宅価格は20%上昇したという。ナイジェリアからすれば、腐敗の国からの回避地になっている。エジプト、リビア、シリアの富裕層にとってもドバイは回避地になっている。


(by ナイジェリア株ドットコム)



下のボタンを押していただきたく存じます。


人気ブログランキングへ
[PR]

# by nigeria-kabu | 2012-08-06 23:51  

ナイジェリア、2014年までにアフリカNo.1

Financial Times 紙2/8/2012は、ナイジェリアが2014年までに南アフリカを抜き、アフリカ最大の経済大国になると報じている。アフリカでもっとも人口の多いナイジェリアは現在はGDPでは南アフリカの3分の2である。

今年にもナイジェリアは、1990~2008年のGDP基準を変更する予定である。経済活動の変化を反映してセクターの比重を変えるのである。例えば、新たな基準はここ20年間の成長が著しいナイジェリアの通信セクターの比重を増やすことが検討されている。

しかし、基準の変更でナイジェリアの歳入がGDP比25%から17~22%に低下する。この数値はサハラ以南のアフリカの平均を下回り、改善の余地がある。これにより、政府は、歳入を増やす必要性に迫られる。特に石油ガスセクター以外の歳入である。さらに、GDP比の公的債務比率は、2011年の17.3%から10.5~14.5%に低下する見込みである。財政赤字も2011年のGDP比2.96%から2015年には1.08%まで低下する。

一方で、経常黒字は2009年のGDP比12.5%から2010年には2.2%に低下する。インフレは、2012年には12.7%に加速する。燃料への補助金が削減されたためである。失業率は5年前の12.3%から23.9%に拡大している。特に若年層の状況が悪い。

一人当たりのGDPは、1,600ドルから1,900~2,600ドル程度に上昇するが、南アフリカの2012年の予想は8,700ドルであり、約3倍にもなる。(by ナイジェリア株ドットコム)



下のボタンを押していただきたく存じます。


人気ブログランキングへ
[PR]

# by nigeria-kabu | 2012-02-11 00:46  

ナイジェリア、中間層への期待

Financial Times 紙9/27/2011は、ナイジェリアは腐敗や暴力、貧困に悩む国であるが、アフリカの中でも中間層の拡大が見込める国であると報じている。ナイジェリアの中間層は3,700万人で、まさに消費を待っている。
e0219992_11531856.jpg

ロシアの投資銀行Renaissance Capitalの調査によれば、向こう1年で900万人以上が電子レンジを買う予定で、800万人以上が洗濯機を買うことになっているという。同社によれば、事業機会はあるという。

まず、ナイジェリアにはきちっとした大型販売店が少ない。中間層へのアンケートによれば、73%が青空市場を、62%がコンビニエンスストアーを利用するという。明らかに大型販売店の参入の余地はありそうである。そこで、白物家電やその他家電を販売することで利益は上がると見られる。
ナイジェリアの人口はこの10年間で30%以上の増加で、1億1,900万人から1億6,000万人となっている。この内の23%の中間層が拡大している。潜在的需要は大きい。

中間層の住宅購入の需要は大きい。現在、68%の人々が賃貸住宅に暮らしており、融資へのアクセスもあまりない。Renaissance Capitalの調査では、67%の人々は土地や住宅の購入のために貯金をしているという。

また36%の人々は教育のために貯金をしているという。中間層の半分は、子供を外国に留学させている。また、通信については、携帯電話の普及は53%で飽和気味であるが、インターネット接続率は48%であり拡大の余地はある。

銀行・金融分野は可能性がある。78%が銀行を信用しているが、彼らは銀行を融資と言うよりも預金する場所と見ている。16%のみが融資を申し込んでおり、また、クレジットカードの使用は9%である。しかし、ナイジェリア人の企業家精神は旺盛で、20%の人が向う1年で事業を開始したいと答えている。

ナイジェリアのGDPは、過去10年で5倍の2,470億ドル(約19兆円)となった。平均成長率は8.6%である。Renaissance Capitalの予想では今後、二桁台の成長も見込まれ、2016年までにGDPが4,600億ドル(約35兆円)になる可能性があるという。

アフリカ開発銀行によれば、2030年までにアフリカでは、低中間所得者が半数を超えるという。その中でも、エチオピア、南アフリカ、ナイジェリアは拡大が著しいとしている。

しかし、成長と成功を期待できるナイジェリアであるが、多くの問題を抱えており、70%の貧困率は問題である。宗教的な事情の共同生活体が、地域や政治的紛争を起こしている、4月の選挙の余波で800人が死亡することにもなっている。(by ナイジェリア株ドットコム)



下のボタンを押していただきたく存じます。


人気ブログランキングへ
[PR]

# by nigeria-kabu | 2011-09-28 11:53  

ナイジェリア取引所、Nasdaq OMXプラットフォームの導入

Financial Times 紙6/27/2011 は、ナジェリア証券取引所がNasdaq OMXプラットフォームを導入し、さらに株式のオプションを新設し、取引所の株式化も視野に入れていると報じている。

同取引所は、サハラ以南のアフリカでは南アフリカに次いで2番目の証券取引所である。2008年にはそれまでの銀行や証券会社の影響を断ち切る復活計画が出されている。現状では、取引所は、政府、銀行、証券会社によって保有されている。同取引所は企業形態に移行しようとしている。

最近では60人の新たな職員を雇い、新商品の開発を行っており、株式取引以外の道も探っている。新たな商品の候補は債券であり、来年後半にはNasdaq OMXプラットフォームを稼働させる予定である。また、この4月にはNYSE Euronextから採用した新たな社長が就任している。

ただし、証券取引所の株式化については、今はまだ議論するのには時期尚早としている。(by ナイジェリア株ドットコム)



下のボタンを押していただきたく存じます。


人気ブログランキングへ
[PR]

# by nigeria-kabu | 2011-06-29 09:22  

マークモビアス、新たな危機が迫っている、ナイジェリアの銀行に関心

South China Morning Post紙5/31/2011は、Templeton Asset Managementの新興国担当責任者のマークモビアス氏が、過去の原因となった問題が解消されていないために、新たな金融危機が避けられそうにもないと語っていると報じている。

デリバティブは管理されているか?いいえ。デリバティブはまだ増加しているか?はい。世界のデリバティブの価値は、世界のGDPの10倍となっている。そのような規模の資金が異なった物に投資されているので、急激な変動や株式市場の危機は起こるのであるとモビアス氏は言う。

また、同氏が言うに、「危機の到来はチャンスでもある。市場が暴落した時、我々は投資することができ、良い結果を生むのである」。

さらに同氏はアフリカが、信じられないぐらいの投資の可能性があり、ナイジェリアの銀行株を持っていると語った。「ナイジェリアの銀行は非常によく、以前に比較すると運営が良くなっている」。

MSCIナジェリア指数では、8つの銘柄の内5つが銀行である。同国で融資残高二位のGuaranty Trust Bankは、ここ6カ月で31%の上昇となっている。一方で、Access Bank Nigeriaは、大きな下落となっている。(by ナイジェリア株ドットコム)



下のボタンを押していただきたく存じます。

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村
[PR]

# by nigeria-kabu | 2011-06-01 20:50  

ナイジェリアの銀行、買い時か?

Financial Times 紙5/13/2011 は、ナイジェリアの銀行セクターに関して、ここ数年のバブルの崩壊から回復しており、そろそろ株式の買いの時かもしれないと報じている。2年半前には、銀行セクターは崩壊の瀬戸際にあり、ナイジェリアの銀行の株式を買うには勇気がいることであった。ナイジェリアの金融機関は莫大な損失を被り、中央銀行は40億ドル(約3,200億円)の救済を行った。

しかし、回復の兆しは出ている。ロシアの投資銀行のRenaissance Capitalは今週、同国の銀行セクターを再び調査し始め、買い推奨を出している。同社のレポートによれば、6行は買いで残り3行はホールドとし、2008~2009年の銀行セクター崩壊からの回復を述べている。まず、ナイジェリアの銀行は資本も充実してきており、自己資本率は17~44%、総資産資本率は11~28%である。次に、預金の充実で多くの預金は低金利の預金である。さらに、流動性が高く流動率は45%である。預貸率は83%である。透明性や、統治の問題があるが、ナイジェリアの銀行のこのような、資本、資金調達、流動性で、融資の成長サイクルでは急成長が見込まれる。

さらに今年のナイジェリアのGDP成長率は7~8%と見込まれ、石油価格も100ドル程度である。Renaissanceが予想するに優良企業の融資の需要は拡大し続けるとしている。今年の融資の伸びは15%と予想している。ROEは二けた、ROAは2%程度と予想している。不良債権は一掃され、今後の銀行セクターの可能性が注目される。全人口の1億5,600万人の内、銀行口座保有者は500万人に過ぎないことや、中間層の増加、非石油部門の期待もあって、ナイジェリアの銀行には莫大な可能性がある。(by ナイジェリア株ドットコム)



下のボタンを押していただきたく存じます。

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村
[PR]

# by nigeria-kabu | 2011-05-15 13:38  

ナイジェリア証券口座、ネットで開設可能

ナイジェリアの株式に投資する場合ですが、日本人が現地の証券会社に口座開設し取引することは可能です。その際に現地に行く必要はありません。日本にいながら口座開設はできます。必要な手続きは証券会社によって異なりますが、必要書類とパスポートのコピー、住所を証明のための公共料金の写しなどを郵送することになります。また、丹念に証券会社を調べていくと、必要書類を郵送ではなくPDFファイルにしてメールで送信しても受け付けるところもあります。機会があれば今後、具体的な方法もご紹介したいと思います。(by ナイジェリア株ドットコム)



下のボタンを押していただきたく存じます。

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村
[PR]

# by nigeria-kabu | 2011-04-29 06:53  

ナイジェリア中央銀行の役員の方のお話

ある機会があって、本日ナイジェリア中央銀行の役員の方とお話をする機会がありました。一般的な、ナイジェリア株式についての見解を伺いました。同役員の方がおっしゃるには、「ナイジェリア株式は以前に比較すれば割安である。5年単位の長期で考えた場合として、現在は非常にいい買いのタイミングである。世界金融危機と、原油の急落、ホットマネーの流出、銀行貸し出し資金での株式購入問題が一度にナイジェリア株式市場を直撃したためにパニック売りで下落した。ナイジェリアの対外債務はすでに国際機関からの返済をほぼ終了し、パリ、ロンドンクラブからも卒業し、GDP比の対外債務も10%程度と低くなっており、マクロ経済も良くなっている。為替については上下3%のバンドフロート制で急激な動きはなくなっている」とのことです。また、ナイジェリア中央銀行は、1日ごとに外貨準備高を発表するなど統計の透明性も向上しているとのことです。今後もナイジェリア株式の情報を集めてまいります。(by ナイジェリア株ドットコム)



下のボタンを押していただきたく存じます。

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村
[PR]

# by nigeria-kabu | 2011-04-13 07:09  

リビア危機でナイジェリアに機会が

Financial Times 紙3/2/2011 は、リビアの危機でプレミアム原油の生産に混乱が起き、代替としてナイジェリアの原油が注目されていると報じている。ナイジェリアは本来、不安定な原油供給先で、精製企業は避けていた。しかし、今回のリビアの混乱で、ナイジェリアの原油は2年ぶりに高値を付けている。欧州の精製企業はナイジェリアに頼るのみでなく、ナイジェリアの原油に高い金額を支払う用意があるとのことである。

しかし、ナイジェリアにはこの4月の選挙のリスクがある。過去の選挙の際には騒動が起き、原油生産が停止した。2003年の時には武装勢力がChevronの施設を攻撃し、1日80万バーレルの生産が数週間に渡って停止した。2007年の選挙時には、100万バーレルの生産が停止した。現在のリビアの場合は、1日85~120万バーレルのプレミアム原油の生産がこの1週間停止している。

ロイターによれば、ナイジェリアの高品質原油には、通常の指標よりも1バーレル当たり3.5ドルのプレミアムがのせられているという。(by ナイジェリア株ドットコム)



下のボタンを押していただきたく存じます。

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村
[PR]

# by nigeria-kabu | 2011-03-03 01:21  

ファンド資金はエマージング市場からフロンティア市場へ

South China Morning Post 紙の記事で、エマージングよりフロンティアという記事がありました。記事の中では、ナイジェリアの事も書かれていましたので、以下、載せてみます。

South China Morning Post 紙2/20/2011によれば、フロンティア市場の相関性が低いために、中東の混乱から逃れるためにフロンティア市場に投資が向かっていると報じている。これらの国々の債券は、伝染しがちであるが株式投資の場合は、フロンティア市場での分散は報いる結果となっている。中東や北アフリカでの反政府勢力の行動が広がって、投資家は概してエマージング市場から資金を引上げているが、フロンティア株式ファンドへは特に資金を入れ続けている。

ファンド調査会社のEPFRのデータによれば、フロンティア市場株式ファンドは、36週間連続で資金流入となっており、一方でエマージング株式ファンドは今月1週間だけで70億ドル(約5,900億円)の減少である。MSCIエマージング株式指数は、今年4%下落し、世界株の4%プラスを下回った。しかし、ベトナムやルーマニア、危機に見舞われているレバノン、バーレーン、チュニジアを含むMSCIフロンティア指数は、2%の下落であった。

フロンティア市場の運用会社のRenaissance Asset Managersによれば、エマージングと先進国の市場の相関関係は高くなっており、フロンティア市場はそれが低いために投資家達は分散しようとするという。過去26週間の先進国株式と、エマージング株式との相関係数は、0.8でフロンティア市場とは0.49であった。

また、フロンティア市場は先進国との相関が低いことに加えて、フロンティア各々の市場間でも相関は低い。例えば、MSCIナイジェリア指数と同ベトナム指数は相関係数は0.19である。ナイジェリアとケニアは、僅か0.03である。これが意味することは、混ぜられたフロンティア株式ポートフォリオの中での変動は分散されるということである。

Credit Suisseのデータによれば、フロンティア株式を純資産で見るとエマージング株式よりも20%割安であるという。(by ナイジェリア株ドットコム)



下のボタンを押していただきたく存じます。

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村
[PR]

# by nigeria-kabu | 2011-02-20 23:29  

BlackRockは正しかった。

チュニジアの暴動が伝染し、エジプト国民が大規模抗議行動に出ていますが、昨年11月のファイナンシャルタイムスの記事が今になって面白いので取り上げてみます。この記事ではブラックロックが新たなフロンティアマーケットファンドを立ち上げるというものでした。そして、投資対象国としては、「政治的リスクの高いチュニジアの企業への投資は少なめにする」と書かれており、ブラックロックは正しかったということです。

ちなみに、ナイジェリアは「金融、消費関連株に重きを置く予定」とのことです。

Financial Times 紙 11/28/2010 は、投資ファンドを新たに設定するブラックロックが、フロンティアマーケットの価値がこの2年でかなり下落しており、魅力的になっているとの見解を示していると報じている。同社の新興国統括のVecht氏によれば、「フロンティアマーケットは、未だにその潜在的価値まで到達しておらず、正に今投資する時である。それらの国々は先進国や新興国に比較して債務が少なく、急速に経済が成長している国々である。また、先進国や新興国との相関性も低い」。

ブラックロックが設定予定のフロンティア投資ファンドは、機関投資家から8,000万~1億ポンド(約130億円)を募集し年率3%の収益目標としている。当該ファンドは、カタールの金融株やナイジェリアの金融、消費関連株に重きを置く予定である。しかし、政治的リスクの高いパキスタンやベトナム、チュニジアの企業への投資は少なめにするとのことである。(by ナイジェリア株ドットコム)



下のボタンを押していただきたく存じます。

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村
[PR]

# by nigeria-kabu | 2011-02-02 07:05  

Financial Times記事 ナイジェリア国債、需要減

Financial Times 紙1/20/2011 は、ナイジェリアは、フロンティア市場として注目されているが、最近の国債の入札では需要に限りがでていると報じている。投資家は、石油に豊富で、国の規模や、民間部門の成長を根拠としてナイジェリアの可能性に注目している。Goldman Sachs Asset Managementの代表である Jim O’Neill氏は、同国をNEXT 11に組入れ、BRICsに続く新興市場と考えている。

しかし、財政緊縮と外貨準備高の減少で、投資家の興味が減少している。それゆえ、ナイジェリア初の国債の需要が、数カ月前の思惑よりも大きくないことに繋がっている。10年物国債は7%程度の利回りになると予想されているが、サハラ以南アフリカ諸国の中では一番高い。ガボンやガーナの10年物国債は、それぞれ、5.5%、6.3%である。

ある投資家が言うに、「ナイジェリアの国債に魅力はない。財政悪化が懸念されるし、金融面での透明性がないのが問題である。我々は、買わない」。

他の投資家は、4月の大統領選挙で不安定になる可能性を引き合いにして、様子見としている。また、7%は投資に値するという投資家もいる。彼が言うに、「ナイジェリアの債務は、米国やドイツのとは違う。ナイジェリアに投資したいという人間は分かっている。ナイジェリアはリスクフリーではなく、まだジャンク扱いである。S&PはB+の格付けとして、投資適格格付よりも4段階下のレベルである」。(by ナイジェリア株ドットコム)


下のボタンを押していただきたく存じます。

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村
[PR]

# by nigeria-kabu | 2011-01-27 01:18  

アフリカファンドのトップマネージャーの話

Financial Times 紙12/23/2010 は、アフリカファンドのトップファンドマネージャーのHorne氏のコメントを掲載している。同氏はInvestec Africaのファンドマネージャーであるが、最近のコートジボアールの不安定さで改めてアフリカ投資には政治リスクがあると認識している。最近のアフリカの経済成長は民主主義の普及のためである。Horne氏はどこを見ればよいか分かっている人にとっては、アフリカは儲かる機会があるという。

同氏のファンドは7億3,000万ドル(約600億円)の残高で、ガーナに始まりモーリシャスに至る10カ国に投資しているが、全体の60%はナイジェリアとエジプトに集中している。同氏が言うに、「この2つの市場は、非常に優良な企業が良い価格をつけているという最善の状況である。ナイジェリアは成長見込みがあって割安である。エジプトは安くはないが明らかに過小評価されている。また、エジプトは洗練された市場で企業家精神の歴史もある」。

今年のファンドは30%のリターンで、来年も2桁の成績を出す見込みであるという。しかし、現在はまだ2008年の傷から回復している状態である。2008年にはドル建てで49.5%の下落を見たのである。その理由は、ファンドの40%が金融分野に投資をしており、クレジットクランチで、特にナイジェリアはその痛手が深刻であり、損失を受けた。一方で商品分野の企業の成績は悪くない。良い例がコートジボアールの椰子油の製造企業である。コートジボアールは同ファンドで3番目に割合が多い国である。

しかし、フロンティア市場への投資は冒険でもある。アフリカファンドの場合、公式に上場している株式のみに投資しているが、市場の流動性は国際的水準に比較してかなり低く、ファンドマネージャーは長期投資を採用せざるをえない。それゆえ、短期の投資家には向かない。

同社のファンドは最低投資金額を100万ドル(約8,400万円)とし、殆どが年金基金のような機関投資家である。投資家の半分が南アフリカで、残りは英国、欧州である。しかし、妙なことに米国人は少ない。(by ナイジェリア株ドットコム)

下のボタンを押していただくと助かります。

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村
[PR]

# by nigeria-kabu | 2011-01-26 09:06 | 投資ファンド