ナイジェリア取引所、Nasdaq OMXプラットフォームの導入

Financial Times 紙6/27/2011 は、ナジェリア証券取引所がNasdaq OMXプラットフォームを導入し、さらに株式のオプションを新設し、取引所の株式化も視野に入れていると報じている。

同取引所は、サハラ以南のアフリカでは南アフリカに次いで2番目の証券取引所である。2008年にはそれまでの銀行や証券会社の影響を断ち切る復活計画が出されている。現状では、取引所は、政府、銀行、証券会社によって保有されている。同取引所は企業形態に移行しようとしている。

最近では60人の新たな職員を雇い、新商品の開発を行っており、株式取引以外の道も探っている。新たな商品の候補は債券であり、来年後半にはNasdaq OMXプラットフォームを稼働させる予定である。また、この4月にはNYSE Euronextから採用した新たな社長が就任している。

ただし、証券取引所の株式化については、今はまだ議論するのには時期尚早としている。(by ナイジェリア株ドットコム)



下のボタンを押していただきたく存じます。


人気ブログランキングへ
[PR]

by nigeria-kabu | 2011-06-29 09:22  

<< ナイジェリア、中間層への期待 マークモビアス、新たな危機が迫... >>