ドバイ、アフリカのハブでナイジェリアの避難先に

Financial Times紙7/17/2012は、ドバイは中東でのハブのみならず、中央アジア、東アフリカ、西アフリカのハブになりつつあると報じている。ドバイからそれぞれの地域には8時間の航空便で行ける。パリ、ロンドンがかつて西アフリカのハブであったが、今ではドバイが中心となってきている。
 Standard Charteredなどの銀行はサハラ以南のアフリカ地域の拠点をドバイに置いている。ドバイの生活スタイルは心地よく、ヨハネスブルグやナイロビよりも飛行機の移動のハブとしても便利である。中国やアジア企業も中東のみならずサハラ以南のアフリカ市場の事業展開の際に地域統括拠点をドバイに置いている。
最近では、ナイジェリア人の投資家がドバイの不動産市場に参入してきており、市況の回復の兆しもある。昨年ドバイの住宅価格は20%上昇したという。ナイジェリアからすれば、腐敗の国からの回避地になっている。エジプト、リビア、シリアの富裕層にとってもドバイは回避地になっている。


(by ナイジェリア株ドットコム)



下のボタンを押していただきたく存じます。


人気ブログランキングへ
[PR]

by nigeria-kabu | 2012-08-06 23:51  

<< ナイジェリアの銀行、不良債権処... ナイジェリア、2014年までに... >>