ナイジェリア、中国から6億ドル借入

Financial Times紙9/12/2012は、ナイジェリアは中国輸出入銀行から6億ドルの借入を行うことで合意したと報じている。資金は首都アブジャで鉄道建設に使用される。融資は2.5%の金利で20年間である。中国は過去数年でアフリカ諸国に対して低金利の融資を提供している。ナイジェリアは、石油、銅、ウランなどを輸出し、アフリカ一の人口を抱え、経済規模はアフリカで二位である。
市場レートを下回る中国の金利はよくあることで、資源国アフリカとの接点を持つための戦略である。アブジャの鉄道建設は、国有のChina Civil Engineering Construction Corporationが行い2015年に完成の予定である。アブジャの鉄道計画は、国際空港との接続と周辺の通勤圏を結ぶものである。
これ以外にもナイジェリアでは1億ドルのGalaxy Backbone計画があり、技術発展を向上させるプロジェクトである。また、5億ドルの費用の4つの飛行場ターミナル建設のプロジェクトがあり、こちらも中国が融資する予定である。

(by ナイジェリア株ドットコム)



下のボタンを押していただきたく存じます。


人気ブログランキングへ
[PR]

by nigeria-kabu | 2012-09-23 16:39  

<< ナイジェリア、石油ガス輸出に依存 中国元、アフリカにも浸透 >>