ナイジェリアZenith Bankの戦略

Financial Times紙5/23/2013は、ナイジェリアのZenith Bankの今後の戦略について報じている。同行は今年3月にロンドン証券取引所に上場したが、ナイジェリアの銀行としては3番目の上場であった。Guaranty Trust BankやDiamond Bankは2007年に上場していたがZenithは2009年のナイジェリアの銀行危機以来、初めての上場であった。それゆえ、同行の上場は世界の投資家からの信認を得られるかのテストケースになる。
同行の上場はナイジェリア市場の50株をロンドン市場のGDR1株に交換する仕組みであった。この交換には手数料はとっていない。ロンドンでの取引はそれほど多くは無かったが、それでも信認を得られたとされる。ロンドンでの上場基準が厳しいからである。

ナイジェリアの銀行業界は楽観的である。Zenith Bankの税引前の利益は、2012年1,020億ナイラ(6億4,600万ドル)で2011年の610億ドルから大きく拡大し、2013年は1,150億ナイラと見込まれている。11人のアナリスト評価で7人はではZenith Bankは買い推奨で、4人がホールドで、売り推奨はゼロであった。

(by ナイジェリア株ドットコム)

下のボタンを押していただきたく存じます。


株式 ブログランキングへ
[PR]

by nigeria-kabu | 2013-05-26 19:07  

<< ナイジェリアの銀行、まだ完全回... アフリカ ナイジェリア ラゴス... >>